入れ墨の除去方法

どんな大きさであれ、いったん施した入れ墨はそう簡単に除去することはできません。だからといって、絶対に除去できないかと言えばそうではありませんが、できる範囲も限定されていたり大きさによってはすべてをきれいに消し去ることが難しい場合も多いのが現状です。今現在、入れ墨の除去で行われている一般的な手術方法は、レーザー照射法と、皮膚切除法の2パターンとなっています。

以前までは電気で焼き切ると言った方法や冷凍治療、皮膚をはがす治療方法などが取り入れられてきていましたが、現在の主流は上記に述べた2通りとなります。

レーザー照射法はレーザーを用いることで傷跡を残さずに入れ墨やタトゥーを除去することができる方法とあって注目されています。皮膚の負担を軽減できると言った点では大変優れている方法ではありますが、完全に消去できるかと言えば消す事が難しいですし、レーザーの照射も定期的に行わないといけないため、すぐに除去することができません。

また、切除法は外科的に入れ墨のは言っている皮膚を切り取ってしまう方法で、レーザーなどでは入れ墨を完全に消す事ができない場合があるものの、切除法なら完全に入れ墨やタトゥーを除去することができます。大きさにもよりますが一度の施術で消えてしまう場合もあります。ただ、完全に消す事ができるというメリットがあるものの、切除をしたり縫い合わせたりといったことによる傷跡が残ってしまうことが多く、ケアが必要となってくる方法です。


高須クリニック大阪院は口コミで評判の美容外科(高須敬子院長、高須幹弥医師)